1. AGAスキンクリニックTOP
  2. 当院の特徴
  3. AGA薄毛治療の医師紹介

AGA薄毛治療の医師紹介

AGAスキンクリニック 診療顧問

    • AGAスキンクリニック 診療顧問 貴志 和生
    • 診療顧問

      AGAスキンクリニック 診療顧問 貴志 和生

      慶應義塾大学病院形成外科の診療科部長を務め、傷痕治療の第一人者でもあります。形成外科を専門とし、特に病気や怪我などで失った皮膚の再生の研究に尽力しています。

    経歴

    1988年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 研修医
    1989年4月 浦和市立病院(現さいたま市立病院) 外科医員
    1994年5月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 助手
    1996年6月 英国マンチェスター大学生物科学部 留学
    1998年6月 済生会中央病院 形成外科 医員
    1999年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 助手
    2003年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 講師
    2010年4月 慶應義塾大学医学部 形成外科学教室 教授
    2018年 AGAスキンクリニック 診療顧問 就任

    資格

    日本形成外科学会認定専門医

    所属学会

    日本形成外科学会 理事

    日本創傷治癒学会 理事長
    日本創傷外科学会 理事
    日本レーザー医学会 理事
    形成外科手術手技研究会 理事
    日本シミュレーション外科学会 理事
    日本頭蓋顎顔面外科学会 評議員
    日本抗加齢医学会 評議員
    日本再生医療学会
    日本炎症・再生医学会
    日本マイクロサージャリー学会
    Wound Repair and Regeneration Editorial Board(『Wound Repair and Regeneration』 編集委員会委員)
    International Wound Journal (Blackwell) Editorial Advisory Board (『International Wound Journal』(blackwell社出版)編集顧問委員会 委員)

    • AGAスキンクリニック 診療顧問 清水 雄介
    • 診療顧問

      AGAスキンクリニック 診療顧問 清水 雄介

      琉球大学で脂肪組織由来幹細胞の研究に尽力しており、国内で初めての「顔面陥凹性病変に対する脂肪組織由来幹細胞の培養移植」に成功。また、琉球大学発のベンチャー企業を立ち上げ、再生医療を多くの人に届けるため日々邁進しています。

    経歴

    1998年 慶應義塾大学医学部 卒業
    慶應義塾大学医学部研修医(形成外科学教室)
    2000年 栃木県立がんセンター 頭頸科 レジデント
    平塚市民病院 外科 専修医
    2001年 立川病院 外科 専修医
    2002年 静岡赤十字病院 耳鼻咽喉科 医師
    2003年 済生会宇都宮病院 形成外科 医師
    済生会中央病院 形成外科 医師
    2004年 慶應義塾大学医学部助手(形成外科学)
    2005年 国立成育医療センター 形成外科 医師
    2006年 静岡赤十字病院 形成外科 医師
    2007年 静岡赤十字病院 形成外科 副部長
    2010年 慶應義塾大学助教(医学部形成外科学)
    2013年 慶應義塾大学講師(医学部形成外科学)
    2014年 慶應義塾大学准教授(医学部形成外科学)
    2015年 琉球大学医学部附属病院 形成外科 特命教授
    2018年 琉球大学大学院 医学研究科 形成外科学講座 教授 現職
    AGAスキンクリニック 診療顧問 就任

    資格

    医学博士
    日本形成外科学会専門医
    日本美容外科学会専門医(JSAPS)

    所属学会

    日本形成外科手術手技学会 理事
    沖縄形成外科研究会 理事
    九州頭頸部がんフォーラム 世話人
    九州沖縄形成外科学会 世話人
    沖縄県医師会 広報委員
    沖縄県医学研究財団 専門委員
    Plastic and Aesthetic Research editorial board
    Austin Journal of Musculoskeletal Disorders editorial board
    JSM Anatomy & Physiology editorial board
    JSM Oro Facial Surgeries editorial board
    Mathews Journal of Pediatrics editorial board

    受賞

    第55回 日本形成外科学会総会・学術集会 ベストポスター賞(共同受賞)2012年
    日本形成外科学会 学術奨励賞(共同受賞)2013年

    著書

    1. Shimizu Y
    Surgical treatment of blepharoptosis in myasthenic patients
    Section 3. Surgery. Novel Challenges in Myasthenia Gravis.
    Mineo TC. Nova Science Publishers. New York, 2015;499-514.
    2. Shimizu Y
    Veins of the face and neck
    Anatomy for plastic surgery of the face, head and neck.

    Tubbs RS. Thieme Medical Publishers Inc. New York, 2016;63-71.
    3. Shimizu Y, Suh IS
    Surgical anatomy of lower leg
    Calf Surgery and Leg Contouring.
    Suh IS. Koonja Publishing Company. Seoul, 2011:5-16.

    論文

    1. Ishii N, Shimizu Y, Ihara J, Kishi K
    Analysis of fibular single graft and fibular double-barrel graft for mandibular reconstruction.
    Plastic Reconstr Surg Glob Open. 2016;4(8):e1018
    2. Nagasao T, Kasai S, Shimizu Y, Sakamoto Y, Hatanao A, Morotomi T,
    Ogata H, Kishi K
    A biomechanical study of relationship between sternum defect and thoracic respiration.
    Comput Assis Surg. 2016; (1):1-8
    3. Shimizu Y, Nagasao T, Shido H, Fujii T, Kato T, Aoki M, Takada K, Kishi K
    Intra-eyebrow frontalis suspension using inverted Y-shaped short autogenous fascia lata for blepharoptosis with poor levator function.
    J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2015;68:49-55.
    4. Shimizu Y, Nagasao T, Okabe K, Kishi K
    Reconstruction of partial helical defects
    Dermatol Surg. 2015;41:1419-23
    5. Kiuchi T, Shimizu Y, Nagasao T, Ohnishi F, Minabe T, Kishi K
    Composite grafting for distal digital amputation with respect to injury type and amputation level.
    J Plastic Surg Hand Surg. 2015;49:224-8.
    6. Kasai S, Shimizu Y, Nagasao T, Ohnishi F, Minabe T, Momosawa A, Kishi K
    An anatomic study of nipple position and areola size in Asian men.
    Aesthe Surg J. 2015;35:NP20-7.
    7. Shimizu Y, Suzuki S, Nagasao T, Ogata H, Yazawa M, Suzuki N, Kishi K
    Surgical treatment for medically refractory myasthenic blepharoptosis.
    Clin Ophthal. 2014;8:1859-67.
    8. Shimizu Y, Nagasao T, Sakamoto Y, Kishi K
    Inferolateral marginal orbitectomy: A simple adjuvant technique for orbital decompression.
    Int J Oral Maxillofac Surg. 2014;43:1211-5.
    9. Shimizu Y, Nagasao T, Kishi K, Asou T
    Alternative continuous quilting suture technique for preventing hematoma in axillary osmidrosis.
    Dermatol Surg. 2014;40:1058-60.
    10. Shimizu Y, Suzuki S, Utsugisawa K, Imai T, Murai H, Ngane Y, Tsuda E, Nagasao T, Ogata H, Yazawa M, Suzuki N, Kishi K
    Is surgical intervention safe and effective in the treatment of myasthenic blepharoptosis?
    A multicenter survey in Japan
    Eur Neurol. 2014;71:259-

    • AGAスキンクリニック 診療顧問 田中 洋平
    • 診療顧問

      AGAスキンクリニック 診療顧問 田中 洋平

      エイジングケアや発毛分野で様々な研究を行い、国際誌での英語論文数、英語著書数が業界世界一で、発毛治療の未来に貢献している臨床医・医学研究者です。

    経歴

    1998年 6月 米国カリフォルニア州 The Scripps Research InstituteにおいてExchange Visitor (J-1 visa) status (program No.P-1-2837)で信州大学医学部自主研究を履修。(平成10年8月31日まで)
    2000年 3月 信州大学医学部医学科卒業
    2000年 5月 信州大学医学部付属病院医員(研修医)
    2000年10月 昭和伊南総合病院形成外科医師
    2002年 4月 長野赤十字病院形成外科医師
    2004年 4月 長野県救急センター診療科医師(形成外科)
    2005年 1月 信州大学医学部附属病院救急部診療助手
    2006年 7月 信州大学医学部附属病院形成外科助手
    2007年 4月 クリニカ タナカ 形成外科・アンティエイジングセンター 開設
    2010年 3月 信州大学医学部より学位(医学博士)取得
    2012年 5月 新潟薬科大学客員教授
    2012年12月 東京女子医科大学皮膚科非常勤講師
    2017年 3月 東京美容外科 技術顧問 就任
    AGAスキンクリニック 診療顧問 就任

    資格

    医学博士(信州大学)
    日本形成外科学会専門医

    所属学会

    日本形成外科学会専門医
    国際形成外科学会会員
    日本美容外科学会会員
    日本皮膚科学会会員
    日本美容皮膚科学会会員
    日本抗加齢学会会員
    日本熱傷学会会員
    日本救急医学会会員
    日本フォトダーマトロジー学会理事

    著書/論文

    「近赤外線ケア美肌術 いくら紫外線だけカットしても美肌にはならない」
    (出版社: 光文社)
    「Breakthroughs in melanoma research(Chapter 29)」
    (出版社: InTech社)
    「Photomedicine - Advances in Clinical Practice(Chapter 12)」
    (出版社: InTech社)
    「Androgenetic Alopecia Treatment in Asian Men」
    (JCAD)

    • AGAスキンクリニック 診療顧問 高橋 栄里
    • 診療顧問

      AGAスキンクリニック 診療顧問 高橋 栄里

      女性発毛の第一人者として、20年以上薄毛に悩む女性の声を聞き、
      研究を重ね、数々の書籍出版やメディア露出などの実績もある、
      発毛医療と美容医療の両方の分野を熟知する女性医師。

    経歴

    藤田保健衛生大学 医学部 卒業。
    都内及び神奈川の大学病院で初期臨床研修を修了後、
    一般皮膚科、都内美容皮膚科クリニックにて研鑽を積む。
    都内美容皮膚科院長歴任後、2019年10月美容皮膚科「イークリニック麻布」を開院。
    発毛治療を専門とするAGAスキンクリニック レディース院にて診療顧問を兼務する。

    所属学会・資格

    日本皮膚科学会員
    日本美容皮膚科学会会員
    日本抗加齢美容医療学会会員
    JAAS(日本アンチエイジング外科・美容再生研究会)会員

    日本臨床毛髪学会会員
    日本臨床抗老化学会認定医
    日本臨床医学発毛協会発毛診療医
    日本毛髪科学協会認定毛髪診断士アラガン社ボトックスビスタ認定医
    ジュビダームビスタ認定医
    米国ISNF認定サプリメントアドバイザー
    ウルセラ認定医

    著書

    「髪がみるみる蘇る習慣」(出版社:宝島社)
    「髪のお医者さんが教える 女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法」(出版社:PHP研究所)

    • AGAスキンクリニック 診療顧問 麻生 泰
    • 診療顧問

      AGAスキンクリニック 診療顧問 麻生 泰

    経歴

    平成5年3月 藤田保健衛生大学 医学部 入学
    平成11年3月 同校 同学部 卒業
    平成12年10月 大阪医科大学にて研修医 修了
    平成13年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
    平成13年5月 岡山大学 形成外科 医員
    平成14年1月 大手美容外科 院長、診療部長を歴任後
    平成16年5月 東京美容外科を設立
    平成23年6月 AGAスキンクリニック診療顧問となる
    平成27年4月 医療法人社団東美会 理事長となる
    平成30年3月 医学博士号取得(慶応義塾大学)
    平成31年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師

    海外経歴

    韓国ハンリム医科大学にて形成外科研修留学
    (ソーインソック教授の元、ふくらはぎの選択的神経切断手術・スリムレッグを学ぶ)
    韓国BK東洋クリニックにて美容外科留学
    (顔面輪郭骨切り手術の世界的権威であるDr.ホンのもとで 顔面骨切り手術を集中的に学ぶ)

    韓国シンミアン美容外科
    (鼻形成専門美容外科のチョンドンハク先生のもとで鼻中隔延長手術等、鼻形成手術について重点的に学ぶ)
    中国延世保健病院 診療アドバイザー

    資格

    医学博士(慶応義塾大学)

    所属学会

    日本形成外科学会
    日本美容外科学会
    日本マイクロサージャリー学会

    著書

    「間違いだらけの薄毛対策」(出版社:幻冬舎)
    「薄毛治療の新常識」(出版社:白誠書房)

お問い合わせ